薬局は目的に合わせて選ぶ

病院へ行くまででもないけれど体調が良くない時、病院へ行きたいけれど時間外の時などにお世話になるのが市販薬だと思います。しかし、お薬を購入しようとする時に、その目的に合わせて薬局選びをしている方はそんなに多くはないと思います。

一般用に販売されている市販薬は、そのリスクの程度に応じて大体3種類に分かれています。それが「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」の3つです。

このうち、「第一類医薬品」については、薬剤師の説明を受けなければ購入する事が出来ません。薬による効果が高いぶん副作用のリスクが高いとされているものや、一般用の医薬品としての使用経験が少ない等の理由から特に安全上注意が必要で、薬剤師からの説明が義務化されているためです。

これらのお薬を購入しようとする場合には、薬局もしくはドラッグストアでも薬剤師がいる店舗に行かなければなりません。ではどうやって薬剤師がいるかどうかを判断すれば良いのでしょうか。一般的には、病院の処方箋を持って行く「薬局」であれば必ず薬剤師がいるので問題ないでしょう。ドラッグストアであれば、処方箋を取り扱っている店舗には薬剤師がいる可能性が高いです。

なぜなら、処方箋で扱う薬は薬剤師しか販売できないと薬事法によって決められているからです。ただし、その場合でも時間帯によって薬剤師が不在の時には販売してもらえない可能性もあります。

その他の「第二類医薬品」「第三類医薬品」については、薬局の他、ドラッグストアでも購入が可能です。もちろん外箱等の説明を自分で読んで、自分で選んで購入する事も可能ですが、登録販売者に相談して購入する事もできます。登録販売者もまた医薬品販売の資格保有者なので、自分の体質や症状などを伝えてより適切なお薬選びをする事が大切だと思います。

もしも持病があったり、常用しているお薬がある方で市販薬を使おうとする場合には、その市販薬の説明書を持参のうえで、薬剤師の方に相談をされた方が良いと思います。お薬によっては成分がだぶって過剰摂取になってしまったり、飲み合わせが悪くて薬の効果が高くなりすぎたり、逆に効果が薄れてしまったりする可能性があるからです。

自分の体質や症状、また持病の有無なども鑑みて、その目的に合わせて市販薬、そしてそれを販売しているお店を選ぶという事も、これからは大切になるのかもしれません。市販薬と上手に付き合えるようになって、ふくらみ続ける医療費が抑えられると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です