薬剤師による問診で同じ事を質問される理由と手帳のメリット

調剤薬局で働く薬剤師には、問診という役割があります。そこに来る患者の方々に対して、必ず質問を行う訳です。しかも病院と同じような質問をするケースが多々あります。

例えば病院にて、どういう症状だったかを説明するケースは多々あるでしょう。病院に行きますと「どうしたの」と質問されることが多いですね。その際に、自分の症状を説明するケースが一般的です。

ところで、それは調剤薬局も同様です。どういう症状ですかと、薬剤師に質問されるケースは多々あります。さっき同じ質問をされたのに、また同じ事を訊かれるので、たまに閉口してしまう事もあるでしょう。

このような問診を行うのは、やはりそれなりに理由があります。なぜなら医療業界には、医薬分業というシステムがあるのです。医師としては治療行為を行い、薬剤師は投薬に関する業務に専念するシステムになります。

分業をする目的は、不適切な処方を排除する事です。時には適切でない薬が渡されてしまって、思わぬトラブルが生じてしまう事もあり得ます。また薬が必要以上に多く渡される可能性もあるでしょう。

それで薬剤師としては、やはりチェックをする必要があります。そもそも医師の方々は、必ずしも信頼出来るとは断言できません。もしかすると医師が何か不適切な処方をしている可能性もあるのです。

それでチェックを行う以上は、やはり患者に対する質問は欠かせません。薬剤師は病院とは独立しているというスタンスなので、上記のような同じ質問が繰り返される訳です。同じ事を二度聞かれるのは閉口するかもしれませんが、それにはきちんと理由がある訳ですね。

またアレルギーに関する確認もあります。そもそも薬は、やはりアレルギーとの密接な関連性があるでしょう。アレルギー体質の方に薬を処方してしまうと、万が一のトラブルが生じる可能性もあります。

それで病院が、アレルギーを確認していないリスクもあり得るのです。それで薬剤師としては、敢えて薬局でアレルギーを確認する事も多いです。副作用を確認するケースも目立ちます。

しかし薬局に訪問する方々としては、何回も同じ質問をされると、少々閉口してしまうのも事実ですね。その負担を少しでも減らしたいと思うなら、やはり手帳が重要です。薬局に行く時には、必ずそれは持参すべきでしょう。

基本的に薬剤師は、手帳の情報は重視しています。そこに記載された情報を元に、誤りを防げる事も多いです。そもそも手帳を持参すれば、以前と同じ事を何回も言う必要はありません。

ただ最近では、手帳に関わるアプリも登場しています。手帳は自宅に忘れてしまっても、普段からスマホを持ち歩く方々は多いでしょう。それゆえに薬局に行く前に、アプリをダウンロードしておくのも悪くないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です