薬の飲み方~服用時間のあれこれ

薬の効果をしっかり得るためには、決められた服用時間を守ることが大切だと言われています。ですが、服用時間の正しい解釈を知らなかったり、どうして服用時間を守ることが大切なのか分からない人も多いのではないでしょうか。そんな疑問について分かりやすく解説してみたいと思います。

■食前

食事の30分から1時間前に飲む薬です。食欲を増進させる薬や吐き気止めなどは、当然ですが食べる前に飲まなければ意味がありません。また、一部の漢方薬のように味や臭いがするものは、食事後に飲むと気分が悪くなることがあるので、食前に飲むよう指示されることがあります。

■食後

食事が終わって20分から30分後までに飲む薬です。食べ物と一緒に消化されると薬の吸収が緩やかになるので、胃腸への刺激を抑えることができます。ただし、空腹時に飲むと吸収が速すぎて副作用を起こしてしまう薬や、そもそも空腹になる前に飲まなければ意味のない薬もあります。
食事をした後に薬を飲むというのは忘れにくいので、いつ飲んでも良い薬でもあえて食後に服用させることもあるようです。

■食間

食事中に飲む薬という意味ではなく、食事と食事の間に飲む薬です。きっかり中心の時間で飲む必要はなく、食事後2時間程度の服用が目安です。空腹のときに飲むと吸収されやすい薬や、胃の粘膜を保護する薬など、お腹に何も入っていない状態が望ましい場合に指定されます。

■食中

こちらは文字通り食事をしながら飲む薬です。あまり種類は多くないようですが、食物中の特定の物質と結合して吸収を妨げる薬などは、食べ物とよく混ざるように食事中の服用を指示されることがあります。食べ物がお腹の中にないと意味がない薬ということですね。

■起床時

文字通り、朝起きてすぐに飲む薬です。消化吸収がとても悪い薬を吸収させやすくするために、消化器の中が空っぽで邪魔になる物が何もないタイミングを狙っています。しっかり効果を得るため朝食を摂る前に飲みましょう。

■就寝前

寝る30分前くらいまでに飲む薬です。眠る前に飲む必要のある睡眠導入剤や、朝起きる頃に効果を発揮させたい下剤などが代表的です。また、食後と同じように就寝前の服用も忘れにくいというメリットもあります。

いかがだったでしょうか。

決められた時間に飲まなければ期待通りの効果が得られないものや、タイミングがズレると身体に悪いものなど、薬にはいろいろな種類があります。もちろんいつ飲んでも構わない薬というのもありますが、私達一般人には区別のしようがありませんので、自分で買った薬なら服用時間の注意書きどおりに、処方してもらった薬ならお医者さんや薬剤師さんの指示どおりに飲むのが一番でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です