薬剤師の仕事のメリット、デメリットとは?

今、薬剤師という仕事に憧れを持っているという若者も多いといわれています。薬剤師は国家資格がないと働くことができない職であり、薬剤師として働くためには、まずは6年制の薬科大学を卒業し、そして国家試験に合格する必要があります。

薬剤師の仕事は、比較的不況である現在でも需要がある仕事であり、資格があれば長く働き続けることができる職業となります。またさらには給与も高水準であり、待遇なども安定していることから、薬剤師の仕事に憧れているという方も多いのです。

しかし、薬剤師の仕事にはメリットもあれば、デメリットもあります。

薬剤師の仕事のメリットとして、まずは医療関係の仕事に携わることができるということ、また人の役に立つ仕事であるということです。直接患者さんとかかわる機会も多い仕事ですので、直接患者さんの様子を見ることができたりもしますし、また触れ合ったりすることができるという点でやりがいを感じることができるという点がメリットであるといえるでしょう。
しかし、逆に薬剤師の仕事にはデメリットもあります。

まず、薬剤師の仕事は、処方箋の受け付け、そして薬の袋詰めや会計などルーチンワーク作業が多く、単純な作業の繰り返しに飽きてしまう、という方も多いようです。

また、医師とは違い、直接患者さんに薬を処方することができないため、もどかしい思いを感じてしまったり、患者さんからないがしろにされてしまうことも多いようです。医師の言うことは聞くけれど、薬剤師の話をわざわざ聞かない、という患者さんも意外と多いのです。このため、せっかくの薬に関する知識を患者さんに伝えたいけれど、それが伝わらず、思ったほどのやりがいを感じることができない、ということがあるようです。

また、薬剤師のデメリットには、その人間関係があります。薬剤師の世界は狭いことが多く、同じ薬局は狭い世界になります。このため、人間関係の辛さがあるということも多いのです。

転職をするのも最近では、難しいことが多く、一つの職場で働き続けていると、狭い世界なので、何かしらストレスが溜まってしまう…ということは意外と少なくないようです。

さらに、最近では、登録販売士という資格が新しくでき、ドラッグストアなどは、ほとんどが登録販売士を採用し、薬剤師の求人は減っている状態です。このため、より良い職場を探すためには、努力が必要となっているのです。
薬剤師の仕事には、このように、メリットとデメリットがあるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です